ワーカホリックとは|意味や症状、改善方法

ワーカホリックな人は、よく「仕事中毒」と表現されます。
ワークホリズムは「強迫的に、過度に働く状態」という特徴がありますので、「仕事中毒」は、ある意味ワーカホリックの特徴をうまく表現しているといえるでしょう。

ワーカホリックな状態が続くと、後々メンタルヘルス不調につながることがあるため、早期にこの状態を把握して適切な措置を講じることが大切です。

ワーカホリックとは

ワーカホリックとは、ワーカホリズム(強迫的に、過度に一生懸命に働く状態)の高い人をいいます。
ワーカホリズムとは、熱心に仕事に取り組んでいる状態ではありますが、それは「仕事が好きだから」とか「仕事にやりがいを感じるから」という理由ではなく、「自分では望んではいないのに、衝動がわきあがってきて、やむなく仕事に取り組んでいる」という状態です。
ワーカホリックな状態にある人は、周りからの期待以上の成果を出そうと焦っているため、常に仕事のことが頭から離れません。そして、職場から離れたり仕事ではないことをしていたりすると罪悪感を覚えてしまい、不安で落ち着かなくなってしまいます。
そして、その罪悪感や不安感を抑えるために、仕事をせざるを得なくなってしまうのです。
このようなワーカホリズムは、仕事をしていると落ち着く(罪悪感や不安感を抑えることができる)ことから、自分自身ではストレスに気づきにくくなってしまいます。そして後々心身ともにストレス反応が上昇し、メンタルヘルス疾患につながるリスクがあります。

(1)ワーカホリックとバーンアウトとの関係

ワーカホリズムが「強迫的に働く状態」であるのに対して、バーンアウト(燃え尽き症候群)とは、「心身ともに疲れ切って仕事への意欲が激減または喪失してしまう状態」をいいます。

バーンアウトの原因は、慢性的にストレスが蓄積することと言われています。つまりストレスを上手に解消できずにため込んでしまうと、次第に疲弊し、ついには燃え尽きてしまうことから、「バーンアウト」と言われるのです。

仕事に強迫的に取り組むという状況に陥っているワーカホリックな人は、ストレスを管理できずにため込んでしまうため、バーンアウトしやすいと言われています。
なお、バーンアウトの対義語は、後述する「ワークエンゲイジメント」です。

▶ ワーカホリックと心身の健康

(2)ワーカホリックとワークエンゲイジメントとの関係

ワーカホリックとワークエンゲイジメントは、どちらも熱心に仕事をする状態をいいます。
しかし、ワーカホリックが「強迫的」に働くのに対して、ワークエンゲイジメントは「楽しんで」働くという点が異なります。
ワーカホリックな人は、仕事がしたくて仕事をするというより、仕事を離れていると罪悪感や不安感を覚えてしまい、「仕事をせざるを得ない(I have to work)」ですが、ワークエンゲイジメントの高い人は仕事を楽しんで、仕事にやりがいを感じています。つまり「仕事をしたい(I want to work)」という状態です。

▶ ワーカホリックと心身の健康

また、労働政策研究・研修機構の研究によれば、ワークエンゲイジメントは仕事中の過度なストレスや疲労にはつながらない傾向がある一方、ワーカホリックは、仕事中の過度なストレスや疲労と強い相関関係があることが指摘されています。
ただし、状況によってはワークエンゲイジメントの高い状態にあった者がワーカホリズムの状態に陥りやすい傾向にあることから、ワーカホリックな労働者を称えるような職場環境を見直すなど、働き方をめぐる企業風土の在り方についても検討していく必要があるとも指摘しています。

▶ ワーク・エンゲイジメントと労働者の離職意向・組織コミットメント

(3)ワーカホリックのリスク

ワークエンゲイジメントを向上させると、職務満足感や家庭生活満足感が上昇し、仕事のパフォーマンスが向上するのに対して、ワーカホリックな状態が続くと、バーンアウトやメンタルヘルス疾患につながるリスクが高いと言われています。
ワーカホリックは、仕事をしていると気持ちが落ち着き、罪悪感や不安感を抑えることができることから、自分自身のストレスに気づきにくく、知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまいます。
また、自分自身の不調に気づいても、「仕事をすると落ち着くから」とさらに仕事をしてしまって、ますますストレスをため込むという悪循環に陥ってしまいます。
そしてこのようなワーカホリックな人は、睡眠の質や仕事の生産性にも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。

▶ ワーカホリックと心身の健康

ワーカホリックを改善する方法

ワーカホリックな人は、バーンアウトやメンタルヘルス疾患につながるリスクがあるため、その状態を改善して、ワークエンゲイジメントの高めることが大切です。
これまでも述べてきたとおり、ワーカホリズムとワークエンゲイジメントは、どちらも仕事に対して多くのエネルギーを注ぐという特徴がありますが、ワークエンゲイジメントは仕事に対してポジティブな考え方をしているのに対して、ワーカホリズムは仕事に対してネガティブな考え方をしているという、根本的な違いがあります。
したがって、この根本的な違いを正しく理解したうえで、ワーカホリズムを低減させ、ワークエンゲイジメントを向上させる対策を行うことが大変重要です。

(1)ワーカホリックを「見える化」する

まずはワーカホリックな状態について、本人だけではなく管理監督者など周りの人も正しく理解することが大切です。そしてそのために活用したいのが「ストレスチェック制度」の集団分析です。
ストレスチェック制度の質問票には、「仕事の適正」「働きがい」「成長の機会」といったワークエンゲイジメントと相関性の高い項目があります。
そこで、ストレスチェックの集団分析からこれらの項目が低い時には、高める方法を検討します。

たとえば、「成長の機会」という項目については、その質問票の内容から「自分が仕事を通じて成長する機会を得ることができている」と従業員が認識すると、向上します。
したがって、従業員が成長できるような目標を与えたり、新しいスキルを身につけたりして、その目標を達成できる業務やスキルを活用できるような業務をアサインする方法があります。

また、「働きがい」という項目については「自分の仕事は、意味あるものだと感じる」と従業員が認識すると、向上します。
したがって、目標を意味のあるメッセージとして伝えたり、従事している仕事がどのような意義があるのか、会社にどのような良い影響を与えるのかを明確に伝えたり、成果についてはきちんとフィードバックするといった方法が考えられます。

このように、ストレスチェックを活用してワークエンゲイジメントと相関性のある項目を確認して、その項目を向上させるための対策を、職場単位で検討してみることが大切です。

(2)問題解決スキルを高める

ワーカホリックな人は、すべての問題を重要と捉えてしまい、そのすべてを完璧にこなそうとしてしまいます。しかしこれは、物事の優先順位をつけられない非効率的な仕事の方法であり、過重労働につながるリスクがあります。過重労働は、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高め、メンタルヘルス疾患を発症するリスクを高めることは、よく知られています。

そこで、①課題を整理する。②その課題の解決策を検討する。③その解決策を実行するという3つのステップを経て問題解決するスキルを身につけるための研修等を実践することが有効です。

(3)タスク管理・タイムマネジメントを行う

ワーカホリックな人は、一度に多くの仕事に手をつけてしまうという特徴があります。そこで、一つひとつの仕事を効率的に処理するためのタイムマネジメントの手法を身につけることが効果的です。

まずは自分自身の時間の使い方を整理して、タスクを整理します。
そして問題点を明確にしてから、目標を設定して行動計画を作成し、タスク管理を実践していきます。
この目標や行動計画は、短期的なものと長期的なものを作成し、定期的に達成度を見直すことが大切です。

(4)仕事に対する捉え方を見直す

これまでご紹介したように、ワーカホリックな人は、仕事についてネガティブな考え方をする傾向が強いため、不安や強迫観念、抑うつなどといった症状を経験することがあります。このような場合には、仕事に対する考え方を別の角度から見直す手法が効果的です。

具体的には、ストレスチェックなどの結果から自分自身の状態を正しく理解し、自分の感情や考え方の問題点に気づくことからスタートします。そのうえでその感情や考え方に代わる考えを身につけ、結果を評価します。このように問題とじっくり向き合うことで、ワークホリズムの低減が期待できます。

(5)マインドフルネス等のセルフケアを指導する

マインドフルネスとは、仏教の瞑想をルーツとした瞑想法のひとつです。
近年このマインドフルネスが心の安定に効果をもたらし、精神療法的な側面があることが明らかとなり、Google、インテル、Twitterなどの大企業がマインドフルネスを導入しています。
マインドフルネスは、主に自分の呼吸や一瞬一瞬の自分の身体の状態に注意を向けて、余計な思考や感情にとらわれずにやり過ごすことで、気分の安定を図ります。

マインドフルネスを取り入れ、従業員に実践するよう指導することで、緊張を改善したりワークエンゲイジメントを高めたりする効果があるとされています。
ワーカホリズムを直接低減させる手法ではありませんが、ワークエンゲイジメントを高めれば、ワーカホリズムを低減させることが期待できます。

マインドフルネスの基本
①椅子に腰かけ、脚を組まずに、地面に足裏をつけて座ります。
②背筋を天井に向けてすっと伸ばし、肩を3~4回まわして胸を張ります。
③両手は、膝の上に軽く置きます。
④目を閉じて、ゆったりとします。
⑤呼吸は、腹式呼吸(鼻から吸う時にお腹がふくらみ、吐く時にお腹がへこむ)で、ゆっくりと行います。
⑥上記①~⑤を繰り返し、5~10分程度続けます。

まとめ

ワーカホリックは、「強迫的に、過度に一生懸命になって働く状態」であり、仕事をしていないと罪悪感や不安感を覚える傾向があります。そして、その罪悪感や不安感を抑える仕事をして、知らず知らずのうちにストレスをため込み、メンタルヘルス疾患を発症してしまうリスクがあります。

ワーカホリックとワークエンゲイジメントは、ともに仕事に熱心に取り組む状態ですが、ワークエンゲイジメントは仕事を楽しいと考え、ポジティブにとらえる傾向があります。
また、ワークエンゲイジメントが高まると、ワーカホリズムは低減する傾向があります。
したがって、ストレスチェック制度などを活用し、ワークエンゲイジメントと相関性の高い項目をピックアップし、その項目を高める対策を実践することで、ワークエンゲイジメントを高め、ワーカホリズムを低減させる対策を講じることは大変重要といえるのです。

法人向けストレスチェッカーへのお問合せ

法人向けストレスチェッカーは、官公庁、テレビ局、大学等に導入いただいている日本最大級のストレスチェックツールです。

社内の実施事務従事者にストレスチェックのシステムをご利用いただく『無料プラン』もございます。お気軽にお問い合わせください。

    あわせて読みたい

    ▶ ストレスチェックの高ストレス者が中間管理職に多い職場とは

    ▶ ストレスチェックの高ストレス者が若手に多い職場とは

    ▶ ストレスチェックの実施事務従事者|役割・要件【まとめ】

    ▶ ストレスチェックは意味ないか?理由と実例を検証

    ▶ ストレスチェックの結果|通知すべき4つの内容と3つの注意点