カテゴリー: ストレスチェッカー アップデートのお知らせ

日本最大級1000社導入。ストレスチェック制度対応

集計の最低人数を3名以上に/個人結果画面に履歴ボタン(2018/5/7)

2018年5月7日に、下記の仕様変更を行いました。
・個人結果画面に履歴を辿るボタンが付きました。
・集計結果を表示する最低人数が10名から3名になりました。

【新機能】ストレスチェッカー集計ツール (2017/12/1)

2017年12月1日に、経年比較や、複数実施枠の結果の合算が可能な『ストレスチェッカー集計ツール』をリリースしました。

実施開始メールの再送が簡単にできるようになりました (2017/11/11)

2017年11月11日に、『実施開始メールの再送機能』機能をリリースしました。
実施開始メールの再送手順が簡単になりました。

共通受検URLから社員番号で受検できるようになりました (2017/6/20)

2017年6月20日に、新機能の『共通受検URL』機能をリリースいたします。
共通受検URLを使用すると、メールアドレスが登録されていない従業員でも、社員番号で受検できるようになります。

従業員本人によるパスワード設定が必須となります (2017/6/20)

2017年6月20日のシステムアップデートで、個人情報保護強化のため、従業員本人によるパスワード設定が必須となります。
従業員が受検や結果閲覧のためにアクセスした際、パスワードが未登録の場合はパスワード登録画面が表示され、登録するまで先に進めません。

従業員リスト管理方法の変更について (2017/5/1)

2017年4月30日の深夜に、ストレスチェッカーシステムのバージョンアップを実施します。このバージョンアップにより、従業員(対象者)リストの管理方法が変更されます。
バージョンアップによる利用方法の変更点、ご利用中の皆様への影響、新機能についてご説明します。

個人結果画面の調整(グラフのレーダーチャート化、印刷時レイアウト) (2017/1/27)

2017年1月27日に、個人結果画面の表示変更・調整をリリースしました。
・個人結果のグラフ表示を、棒グラフからレーダーチャートに変更しました。
・印刷時のレイアウトを調整し、横1枚にきれいに印刷されるようになりました。

【新機能】仕事のストレス判定図(2017/1/16)

2017年1月16日に、新機能『仕事のストレス判定図』をリリースしました。
厚生労働省が制度マニュアルで集団分析に使用することを推奨している「仕事のストレス判定図」をWEB画面上でご利用いただけます。
任意の集計結果をグラフ上に同時に10件まで表示でき、印刷にも対応しています。

【新機能】面接勧奨機能(2016/12/7)

2016年12月7日に、『面接勧奨機能』をリリースしました。 対象者一覧画面から、受検済みの受検者に「面接勧奨する / しない」を設定し、 メール一斉送信から「面接勧奨メール」を送信します。面接希望フォーム表示機能を組み合わせることで、運用体制や目的に合った面接希望を確実に取得することができます。

メール一斉送信時の送信者アドレスの仕様変更について(2016/12/7)

2016年12月7日に、メール一斉送信時の送信者アドレスの仕様変更を行いました。
これまでは、メール一斉送信時の送信者アドレスはお客様で自由に指定可能でしたが、受信側の環境によっては迷惑メール判定される可能性があるため、送信者アドレスは固定となりました。