ストレスチェッカー

日本最大級3000社導入。ストレスチェック制度準拠

日本最大級の御利用実績

・官公庁
・独立行政法人
・上場企業(従業員1万人以上)
・テレビ局
・航空会社
・外資系金融機関
・大手弁護士事務所
・大手システム開発会社
・大病院(従業員1000人以上)
・大学

豊富なカスタマイズ

・ストレスチェック実施画面の文言変更
・メール送信者名と文言変更
・未実施者への受検勧奨メール送信
・リアルタイムで受検状況確認
・ストレスチェック期間延長
・医師面接希望取得フォーム
・リアルタイムで面接希望者把握
・メールアドレスがなくても受検可
・共有PCでのストレスチェック受検可

高いセキュリティ

・ファイヤーウォール
・WAF
・IDS(不正侵入検知システム)
・ADS(不正侵入検知システム)
・SSL
・Web改ざん検知
・安心の国内サーバー(KDDI子会社)

ストレスチェック プラン比較

WEB代行プランと紙プランの併用でのストレスチェック実施も可能です

無料プラン

¥0

従業員1000人以上の会社は
1人あたり税込132円

  • PCかスマホで実施
  • 自社スタッフで運用
  • 集団分析レポート付
  • 日本語・英語対応
新規登録・ログイン

紙プラン

¥450

(税込495円)
別途基本料金2.2万円


  • 紙のマークシートで実施
  • 封をしてシートを回収
  • 結果を封入してお届け
  • 集団分析レポート付
お申込み・お問い合わせ

こんなストレスチェック業者に気をつけろ!

・契約金/月額基本料金/年額基本料金/更新料等が有料
・ストレスチェックのデータ保管料が有料
・ストレスチェック実施期間の延長ができない
・ストレスチェック受検勧奨メールの送信回数が決められている
・ストレスチェックの集団分析が10集団以上は有料
・ストレスチェックの集団分析の閲覧権限を設定できる人数上限がある
・全個人結果の閲覧権限を設定できる人数上限がある
・高ストレス者に医師面接の案内を同封するのは別料金
・ストレスチェック業者がPマークを取得していない
・WAFやIDS・ADSのセキュリティ対策が未導入
・サイバーセキュリティ保険に加入していない
・ストレスチェックのサーバーが国内のサーバーではない

ストレスチェッカーはすべて完備しており無料でご利用いただけます

ストレスチェック「無料プラン」について

社内の実施事務従事者にストレスチェックのシステムを無料で御利用いただくプランです。

厚労省のストレスチェック制度実施マニュアルに沿ってすすめてください。

1

ストレスチェック実施準備

新規法人御利用登録した後、従業員リストをエクセルで作成しブラウザからアップロードします。(新規法人御利用登録は1法人1アカウント とさせていただいております)
実施事務従事者と産業医の先生だけが個人結果を閲覧できるように設定できます。

2

実施開始~中間PUSH

ストレスチェック実施のお知らせを従業員の方にメールで送信いたします。従業員の方はメールの文中のURLをクリックしてストレスチェックを受検していただきます。 
実施期間中に未実施者だけを抽出し中間PUSHメールを送信することもできます。 
メールの文面はカスタマイズ可能です。

3

集団分析~医師面接

ストレスチェックの集団分析は自動で集計されます。 産業医の先生にストレスチェックの個人結果を見ていただき医師面接が必要な従業員を抽出し、その方だけに医師面接の案内をメールで送信することができます。

ストレスチェック 無料プラン

動画解説

ストレスチェック無料プランの御利用登録から御利用開始までを動画で解説しています

ストレスチェック「WEB代行プラン」について

ストレスチェックのWEB代行プランでは業務の軽減以外に様々なメリットがあります

受検率の向上のために

社内のスタッフが結果を見るとなると、ストレスチェックを受検すること自体に躊躇してしまう人もいます。受検率向上のために社外にストレスチェック業務を委託すれば、従業員も安心してストレスチェックを受検していただけます。

正直にチェックするために

正直に回答をしてもらうのに大切な事は「社内の人に回答内容を知られることがない」という受検自体への信頼です。
ストレスチェックを社外に委託することで「会社が個人の回答データを自由に閲覧することは出来ない」という安心感は、素直な回答へと繋がります。

医師面接も気軽に

医師の面接指導を受けたくても、社内の担当者に申し出ることに抵抗を感じる人もいます。
必要な人に医師面接を気軽に受けていただくために、社外のスタッフから面接について個別に確認をすることで、面接の申し出のハードルを下げることができます

安心しておまかせできます

日本最大級のストレスチェック業者です。各事業場の状況に応じて当社コンサルタントによる必要な提案と、適切な対応が可能です。

WEB代行プランの問い合わせ

ストレスチェック「紙プラン」について

紙のマークシートでストレスチェックを実施するプランです

1

ストレスチェック実施準備

人数分のマークシートを回収用の封筒をお送りいたします。社内で従業員にマークシートと封筒を配布してください。

2

ストレスチェックの実施

各自マークシートを記入した後、封をした封筒を社内で回収し弊社にお送りください。

3

結果の送付~集団分析

窓付きの封筒に結果を封入したものをお送りいたします。社内で個人結果を配布してください。
集団分析は御担当者の方にWEBで閲覧していただきます。

ストレスチェック オプションサービス

「WEB代行プラン」「紙プラン」に対応した各種オプションを御用意しています。

法令を遵守した最低限のストレスチェックの実施には下記オプションは必要ありません。 ※契約している産業医の先生が実施者と医師面接を担当していただける場合
ストレスチェック実施者

ストレスチェックを実施する場合資格を持ったストレスチェック実施者が必要となります。弊社の社内の有資格者がストレスチェック実施者を担当させていただくことが可能です。
対象者1人あたり100円(税込110円)※最低金額2.2万円

ストレスチェック医師面接指導

ストレスチェック実施後、高ストレス者の希望者に医師面接を受けていただけるサービスです。面接の結果は報告書とし提出させていただきます。
1人1回50,000円(税込55,000円)

集団分析のカスタマイズ

集団分析レポート(組織別・性別・年齢層別・職種別・職位別・雇用形態別)は無料ですが、独自の分析軸による分析をすることができます。 
対象者1人あたり100円(税込110円)※最低金額2.2万円

集団分析へのコンサルティング

集団分析レポートは無料ですが、集団分析レポートに弊社コンサルタントのコメントが必要な場合は下記料金にてコメント付レポートを作成いたします。
対象者1人あたり100円(税込110円)※最低金額2.2万円

電話カウンセリング

24時間365日いつでも電話でカウンセラー(看護師、管理栄養士、心理カウンセラー)に相談(健康相談、栄養相談、心理相談、介護相談)できるサービスです。
従業員1人50円/月(税込55円)※最低金額月1.1万円

対面カウンセリング+電話カウンセリング パック

カウンセラーに対面でカウンセリングを実施できるサービスです。じっくり相談したい場合におすすめです。
基本料金:従業員1人50円/月(税込55円)
従量料金:1.2万円/時間(税込1.32万円)※従量制

HRデータ解析

ストレスチェックデータに加え、業績評価や残業時間等のHRデータをクロス解析し、総合的にHRデータを使った組織分析を実施するサービスです。
対象者1人あたり250円(税込275円)※最低金額5.5万円

研修

様々な研修メニューを御用意しています。
・セルフケア研修 15万円(税込16.5万円)2時間:40名
・ラインケア研修 20万円(税込22万円)3時間:40名
・暗闇ごはん研修 30万円(税込33万円)3時間:20名

ハラスメント社外通報窓口

社内のパラハラやセクハラ等のハラスメント通報を受け付ける外部通報窓口サービスです。24時間365日メールで通報を受け付け必要に応じて会社に匿名でレポートいたします 対象者1人あたり50円/月(税込55円)※最低金額月1.1万円

追加質問項目

ストレスチェックに質問項目の追加ができます。
対象者1人あたり100円(税込110円)
※最低金額2.2万円
※追加質問は10問まで。11問以降は別途料金
※選択式の項目や自由記述式の項目に対応

リモートモーニングストレッチ

スポーツスパ アスリエを運営する株式会社文教センターと共同で提供するオンラインストレッチサービスです。 スタンダードプラン1人250円/月(税込275円) ※最低金額5.5万円
プレミアムプラン1人1000円/月(税込1100円) ※最低金額22万円

詳しくはこちら
お寺で相談の窓口

職場の従業員の方のストレス緩和を目的にし、お坊さんに無料でオンライン相談していただけます。 ※相談後に相談者の方に寄付金をお願いいたしますが、金額は相談者が自由に決めていただけるようにしております。

詳しくはこちら

お申込み・お問い合わせ

    お知らせ

    パワーハラスメント研修|7つの基礎知識

    パワーハラスメント防止が法制化されたことにより、企業はパワハラ対策を強化し実効性のある防止措置を講じ[…]

    Read more

    ストレスチェックの高ストレス者が若手に多い職場とは

    ストレスチェックの高ストレス者とは、本来はストレスチェックの実施者が定義するべきものですが、医学的に[…]

    Read more

    ストレスチェックの実施事務従事者|役割・要件【まとめ】

    ストレスチェック制度を導入する際には、実施者(ストレスチェックの制度担当者)のほか、実施事務従事者を[…]

    Read more

    ストレスチェックの実施者とは|役割・資格は?委託できる?

    ストレスチェックの実施者については労働安全衛生規則で具体的に示されているほか、厚生労働省の指針で実施[…]

    Read more

    受動喫煙対策を進めるための6つのステップ

    受動喫煙対策については、健康増進法のなかでも対策が盛り込まれていますし、労働安全衛生法においても労働[…]

    Read more

    ストレスチェックは意味ないか?理由と実例を検証

    ストレスチェックを受けることで、職場のストレスや悩みが解消したりメンタルヘルス不調者が減ったりといっ[…]

    Read more

    ストレスチェック面談|人事担当者がすべきこと

    ストレスチェックは、自身のストレスに関する気づきの機会を持ち、高ストレスの状態にある労働者に対して医[…]

    Read more

    適応障害とは?|症状や原因・うつ病との違い

    適応障害とは、生活上の重大な変化や強いストレスに対して個人の対応能力を超えた際に発症するメンタルヘル[…]

    Read more

    無料オンラインセミナー「選ばれる会社の福利厚生」と「職場改善に活かすストレスチェック結果の見方と活用法」

    マーシュ総研株式会社様と共同で企業の人事・労務担当者向けの無料セミナーを開催いたします 【セミナー概[…]

    Read more