ストレスチェッカー

日本最大級3000社導入。ストレスチェック制度準拠

日本最大級の御利用実績

・官公庁
・独立行政法人
・上場企業(従業員1万人以上)
・テレビ局
・航空会社
・外資系金融機関
・大手弁護士事務所
・大手システム開発会社
・大病院(従業員1000人以上)
・大学

豊富なカスタマイズ

・実施画面の文言変更
・メール送信者名と文言変更
・未実施者への受検勧奨メール送信
・リアルタイムで受検状況確認
・ストレスチェック期間延長
・医師面接希望取得フォーム
・リアルタイムで面接希望者把握
・メールアドレスがなくても受検可
・共有PCでの受検も可

高いセキュリティ

・ファイヤーウォール
・WAF
・IDS(不正侵入検知システム)
・ADS(不正侵入検知システム)
・SSL
・Web改ざん検知
・安心の国内サーバー(KDDI子会社)

ストレスチェック プラン比較

WEB代行プランと紙プランの組み合わせも可能です

無料プラン

¥0

従業員1000人以上の会社は
1人あたり税込132円

  • PCかスマホで実施
  • 自社スタッフで運用
  • 集団分析レポート付
  • 日本語・英語対応
新規登録・ログイン

紙プラン

¥450

(税込495円)
別途基本料金2.2万円


  • 紙のマークシートで実施
  • 封をしてシートを回収
  • 結果を封入してお届け
  • 集団分析レポート付
お申込み・お問い合わせ

こんなストレスチェック業者に気をつけろ!

・契約金/月額基本料金/年額基本料金/更新料等が有料
・ストレスチェックのデータ保管料が有料
・ストレスチェック実施期間の延長ができない
・受検勧奨メールの送信回数が決められている
・集団分析が10集団以上は有料
・集団分析の閲覧権限を設定できる人数上限がある
・全個人結果の閲覧権限を設定できる人数上限がある
・高ストレス者に医師面接の案内を同封するのは別料金
・Pマークを取得していない
・WAFやIDS・ADSのセキュリティ対策が未導入
・サイバーセキュリティ保険に加入していない
・国内サーバーではない

ストレスチェッカーは上記すべて無料でご利用いただけます

無料プランについて

社内の実施事務従事者にストレスチェックのシステムを無料で御利用いただくプランです。

厚労省のストレスチェック制度実施マニュアルに沿ってすすめてください。

1

ストレスチェック実施準備

新規法人御利用登録した後、従業員リストをエクセルで作成しブラウザからアップロードします。(新規法人御利用登録は1法人1アカウント とさせていただいております)
実施事務従事者と産業医の先生だけが個人結果を閲覧できるように設定できます。

2

実施開始~中間PUSH

ストレスチェック実施のお知らせを従業員の方にメールで送信いたします。従業員の方はメールの文中のURLをクリックしてストレスチェックを受検していただきます。 
実施期間中に未実施者だけを抽出し中間PUSHメールを送信することもできます。 
メールの文面はカスタマイズ可能です。

3

集団分析~医師面接

集団分析は自動で集計されます。 産業医の先生にストレスチェックの個人結果を見ていただき医師面接が必要な従業員を抽出し、その方だけに医師面接の案内をメールで送信することができます。

無料プラン

動画解説

無料プランの御利用登録から御利用開始までを動画で解説しています

WEB代行プランについて

ストレスチェックのWEB代行プランでは業務の軽減以外に様々なメリットがあります

受検率の向上のために

社内のスタッフが結果を見るとなると、ストレスチェックを受検すること自体に躊躇してしまう人もいます。受検率向上のために社外にストレスチェック業務を委託すれば、従業員も安心してストレスチェックを受検していただけます。

正直にチェックするために

正直に回答をしてもらうのに大切な事は「社内の人に回答内容を知られることがない」という受検自体への信頼です。
ストレスチェックを社外に委託することで「会社が個人の回答データを自由に閲覧することは出来ない」という安心感は、素直な回答へと繋がります。

医師面接も気軽に

医師の面接指導を受けたくても、社内の担当者に申し出ることに抵抗を感じる人もいます。
必要な人に医師面接を気軽に受けていただくために、社外のスタッフから面接について個別に確認をすることで、面接の申し出のハードルを下げることができます

安心しておまかせできます

日本最大級のストレスチェック業者です。各事業場の状況に応じて当社コンサルタントによる必要な提案と、適切な対応が可能です。

WEB代行プランの問い合わせ

紙プランについて

紙のマークシートでストレスチェックを実施するプランです

1

ストレスチェック実施準備

人数分のマークシートを回収用の封筒をお送りいたします。社内で従業員にマークシートと封筒を配布してください。

2

ストレスチェックの実施

各自マークシートを記入した後、封をした封筒を社内で回収し弊社にお送りください。

3

結果の送付~集団分析

窓付きの封筒に結果を封入したものをお送りいたします。社内で個人結果を配布してください。
集団分析は御担当者の方にWEBで閲覧していただきます。

オプションサービス

「WEB代行プラン」「紙プラン」に対応した各種オプションを御用意しています。

法令を遵守した最低限のストレスチェックの実施には下記オプションは必要ありません。 ※契約している産業医の先生が実施者と医師面接を担当していただける場合
ストレスチェック実施者

ストレスチェックを実施する場合資格を持ったストレスチェック実施者が必要となります。弊社の社内の有資格者がストレスチェック実施者を担当させていただくことが可能です。
対象者1人あたり100円(税込110円)※最低金額2.2万円

ストレスチェック医師面接指導

ストレスチェック実施後、高ストレス者の希望者に医師面接を受けていただけるサービスです。面接の結果は報告書とし提出させていただきます。
1人1回50,000円(税込55,000円)

集団分析のカスタマイズ

集団分析レポート(組織別・性別・年齢層別・職種別・職位別・雇用形態別)は無料ですが、独自の分析軸による分析をすることができます。 
対象者1人あたり100円(税込110円)※最低金額2.2万円

集団分析へのコンサルティング

集団分析レポートは無料ですが、集団分析レポートに弊社コンサルタントのコメントが必要な場合は下記料金にてコメント付レポートを作成いたします。
対象者1人あたり100円(税込110円)※最低金額2.2万円

電話カウンセリング

24時間365日いつでも電話でカウンセラー(看護師、管理栄養士、心理カウンセラー)に相談(健康相談、栄養相談、心理相談、介護相談)できるサービスです。
従業員1人50円/月(税込55円)※最低金額月1.1万円

対面カウンセリング+電話カウンセリング パック

カウンセラーに対面でカウンセリングを実施できるサービスです。じっくり相談したい場合におすすめです。
基本料金:従業員1人50円/月(税込55円)
従量料金:1.2万円/時間(税込1.32万円)※従量制

HRデータ解析

ストレスチェックデータに加え、業績評価や残業時間等のHRデータをクロス解析し、総合的にHRデータを使った組織分析を実施するサービスです。
対象者1人あたり250円(税込275円)※最低金額5.5万円

研修

様々な研修メニューを御用意しています。
・セルフケア研修 15万円(税込16.5万円)2時間:40名
・ラインケア研修 20万円(税込22万円)3時間:40名
・暗闇ごはん研修 30万円(税込33万円)3時間:20名

ハラスメント社外通報窓口

社内のパラハラやセクハラ等のハラスメント通報を受け付ける外部通報窓口サービスです。24時間365日メールで通報を受け付け必要に応じて会社に匿名でレポートいたします 対象者1人あたり50円/月(税込55円)※最低金額月1.1万円

追加質問項目

ストレスチェックに質問項目の追加ができます。
対象者1人あたり100円(税込110円)
※最低金額2.2万円
※追加質問は10問まで。11問以降は別途料金
※選択式の項目や自由記述式の項目に対応

リモートモーニングストレッチ

スポーツスパ アスリエを運営する株式会社文教センターと共同で提供するオンラインストレッチサービスです。 スタンダードプラン1人250円/月(税込275円) ※最低金額5.5万円
プレミアムプラン1人1000円/月(税込1100円) ※最低金額22万円

詳しくはこちら
お寺で相談の窓口

職場の従業員の方のストレス緩和を目的にし、お坊さんに無料でオンライン相談していただけます。 ※相談後に相談者の方に寄付金をお願いいたしますが、金額は相談者が自由に決めていただけるようにしております。

詳しくはこちら

お申込み・お問い合わせ

    お知らせ

    大人の発達障害の特徴&対応方法

    大人の発達障害について認識が広まったこともあり、「発達障害の傾向がある部下に対して、どのように対応す[…]

    Read more

    大坂なおみ選手の事例から考えるメンタルヘルス対策

    メンタルヘルスへの注目度の高まり 新型コロナによる様々な影響としてウイルスへの罹患だけでなく、仕事や[…]

    Read more

    ストレスチェックの結果|通知すべき4つの内容と3つの注意点

    厚生労働省による指針では、ストレスチェックの結果を通知する際には、その通知内容にストレスチェックの結[…]

    Read more

    2022年から中小企業も義務化|パワハラの法律改正

    2019年の通常国会において「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が[…]

    Read more

    メンタルヘルスマネジメント|8つのポイント

    心の病を発症すると、作業効率が低下したり長期休業が必要になったりすることがあります。 平成29年(2[…]

    Read more

    パワハラの裁判例|パワハラ認定された例&されなかった例

    いわゆるパワハラやセクハラは、職場におけるもっとも強いストレスのひとつであり、男女雇用機会均等法や労[…]

    Read more

    ストレスチェックを外部委託する時の費用&チェックリスト

    ストレスチェックは外部機関に委託して実施することができます。 契約に従い、受検者データ管理、個人ごと[…]

    Read more

    ストレスチェックの目的&集団分析の目的

    ストレスチェック制度とは、労働安全衛生法の一部改正によって、平成27年(2015年)からスタートした[…]

    Read more

    ストレスチェック 規程|注意すべきポイントと解説

    ストレスチェック制度を導入する際には、まず事業者がストレスチェック制度方針について表明し、社内規程の[…]

    Read more

    無料オンラインセミナー「新型コロナウイルスワクチンへの対応」と「職場改善に活かすストレスチェック結果の見方と活用法」

    日本産業医支援機構様と共同で企業の人事・労務担当者向けの無料セミナーを開催いたします 【セミナー概要[…]

    Read more

    ストレスチェックの外部委託|注意すべき5つのポイント

    従業員数が多く担当者に余裕がない場合、ストレスチェックを自社と産業医だけで実施し、事後措置まで対応す[…]

    Read more

    ストレスチェックの導入フロー|13個のポイント

    1000人以上の従業員をかかえる大企業では、比較的メンタルヘルス対策を積極的に実施してきましたが、多[…]

    Read more

    テレワークのメンタルヘルス対策|6つのポイント

    独立行政法人労働政策研究・研修機構による調査によると、テレワークでは「仕事と仕事以外の切り分けが難し[…]

    Read more

    セルフケア|はじめの一歩は「ストレスへの気づき」

    セルフケアとは、自分自身で行うメンタルヘルスケアです。ストレスや心の健康について理解を深め、自らのス[…]

    Read more

    【2021年】衛生委員会のテーマ|年間スケジュール

    会社は、働く従業員の安全や健康の維持に努めなければなりません。 そこで労働安全衛生法では、常時50人[…]

    Read more

    【2021年度版】ストレスチェックの面接指導8つのポイント

    ストレスチェックの結果は、実施者から直接本人に通知されます。 そして、高ストレス者で面接指導が必要で[…]

    Read more

    ラインケアの基本|(見る・聴く・対処)の7つのポイント

    職場のメンタルヘルス対策を効果的に進めるためには、①セルフケア、②ラインケア、③事業場内産業保健スタ[…]

    Read more

    衛生委員会|目的・テーマ・運営・活用方法

    常時使用する労働者数が50人以上の事業者は、衛生委員会の設置が義務づけられています。衛生委員会は、事[…]

    Read more

    ストレスチェックの報告書|提出方法・記載方法・提出期限

    ストレスチェックを実施した後は、「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」を労働基準監督[…]

    Read more

    安全配慮義務違反|損害賠償額の算定

    安全配慮義務とは、職場環境が原因で労働者の生命や健康を害することがないように、会社が配慮しなければな[…]

    Read more

    ストレスチェック制度における高ストレス者の選定

    ストレスチェックの結果、高ストレス者の基準に当てはまり、医師による面接が必要と判断された従業員が面接[…]

    Read more

    職場環境を改善する7つのポイント

    職場環境の改善とは、ストレスチェック等を活用して職場のストレス要因を把握・改善し、従業員の健康と生産[…]

    Read more

    バックオフィス総合サミット2021 出展のお知らせ

    ストレスチェッカーの最新のセミナー情報はこちら 2021年5月19日(水)〜21日(金)に開催される[…]

    Read more

    ストレスチェックの義務化|基礎知識&用語

    2015年12月1日から改正労働安全衛生法が施行され、すべての企業でストレスチェック制度の実施が義務[…]

    Read more

    うつ病で休職中の従業員の退職・解雇

    うつ病などのメンタルヘルス疾患を発症し休職した従業員の退職に関しては、企業としての対応を誤ると後々大[…]

    Read more

    ストレスチェックの対象者|パート・休職者も対象?

    ストレスチェック制度は、常時使用する労働者数が50名以上の事業場において、「所定の条件を満たす労働者[…]

    Read more

    休職中の社会保険料や税金

    近年増えているうつ病などのメンタルヘルス不調が原因で従業員が休職した場合、会社が支払う社会保険料や雇[…]

    Read more

    エンゲージメントとは|意味・メリット・取り組み方

    健康増進と生産性向上の両立に向けたキーワードとして、「エンゲージメント」が注目されています。 この記[…]

    Read more

    うつ病で労災認定|企業が取るべき対応とは

    事業者(会社)は、労働者の安全と健康を守る義務を負っています。そのため、労働者がうつ病などのメンタル[…]

    Read more

    休職中の従業員|うつ病の場合どう対応すべきか

    仕事のストレスなどが原因で従業員がメンタルヘルス不調になった時、上司や同僚、人事担当者はどのように関[…]

    Read more

    ストレスチェックの集団分析|10個のポイント

    ストレスチェックは、個人のストレス度だけでなく集団分析を実施することで職場の問題点も把握できます。厚[…]

    Read more

    ストレスチェックを産業医に依頼する時のポイント

    厚生労働省の「ストレスチェック制度導入ガイド」によれば、ストレスチェックの実施者は、事業場の状況を日[…]

    Read more

    職場のメンタルヘルス|病気の症状と注意点

    メンタルヘルス不調・疾患には、うつ病、躁うつ病、統合失調症などがあり、それぞれ症状が異なり治療法も異[…]

    Read more

    仕事のストレス判定図|判定の流れ・見方【まとめ】

    仕事のストレス判定図は、集団を対象として仕事上のストレス要因を評価し、労働者の健康にどの程度の影響を[…]

    Read more

    専属産業医と嘱託産業医の違いとは

    従業員が50人を超えた事業場では、産業医を選任しなければなりません。産業医には、専属産業医と嘱託産業[…]

    Read more

    ストレス とは|意味・症状・職場のストレス対策

    ストレスによる反応が長く続くと、身体的な不調や精神的な不調が現れることがあります。 この状態がさらに[…]

    Read more

    ストレスチェックの結果|メンタルヘルス対策にどう活かすか

    ストレスチェック制度は、従業員が自身のストレス状態を把握することでメンタル不調に気づき、セルフケアに[…]

    Read more

    休職制度|メリットや規定しておくべきポイント

    休職とは、従業員の事情によって働くことができなくなった場合に、使用者(会社など)が一定期間の労働義務[…]

    Read more

    従業員がうつ病発症|会社はどんな責任を負う?

    従業員がうつ病などのメンタルヘルス疾患となり、それが安全配慮義務違反と判定された場合、会社は療養のた[…]

    Read more

    35のハラスメント実例と代表的な20のハラスメント

    昨今、さまざまなハラスメントの増加が問題視されています。 ハラスメント問題があると、被害者である従業[…]

    Read more

    会社のストレスチェック制度|実施手順と活用方法

    改正労働安全衛生法が施行され、50人以上のすべての事業場でストレスチェック制度の実施が義務づけられま[…]

    Read more

    安全配慮義務|目的・意味・条文は?違反するとどうなる?

    安全配慮義務とは簡単にいうと「労働者が安全かつ健康に労働できる環境を整備するよう配慮すること」のこと[…]

    Read more