カテゴリー: ストレスチェックのセキュリティ

不正侵入検知(IDS/ADS)

IDS / ADS(Intrusion Detection System / Active Defense System)は、不正侵入検知と防御の双方を自動的に行うシステムです。 IDS(不正侵入検知システム)がファイア…
Read more

ファイヤーウォール(FW)

ファイヤーウォールについて ファイアウォールを利用することで、外部からの不正なアクセスからデータを守り、必要な通信のみ通過させ、不要な通信を遮断することができます。データやプログラムの盗み見、改ざん等が行われるのを防ぎま…
Read more

Web改ざん検知

ストレスチェッカーではWebサイトをスキャンし、悪質なコードや有害な不正サイトへの誘導リンクを検出する「Web改ざん検知システム」を実装しています。 特徴 SQL インジェクションやガンブラーの感染等に起因する、ウェブサ…
Read more

Webアプリケーションファイアウォール(WAF)

WAF(Webアプリケーションファイアウォール) は、ウェブサイト改ざんやデータベース情報不正入手などのウェブアプリケーションの脆弱性を狙うサイバー攻撃を防御します。 WAF は従来のファイアウォールや不正侵入検知(ID…
Read more

SSL

SSL 暗号化通信 全てのWebページにSSL(Secure Socket Layer)を実装し、データ通信を暗号化することで、データの流出や改ざんを防いでします。 SSL サーバー証明書 SSL 証明書を発行する認証局…
Read more

「厚生労働省版ストレスチェック」のセキュリティについて

「厚生労働省版ストレスチェック」解説の第2回はセキュリティについてです。 「厚生労働省版ストレスチェック」は「実施者用管理ツール」に全受診者の結果が集められます。 当然「実施者用管理ツール」を設置するパソコンには厳重なセ…
Read more