ストレスチェックは意味ないか?理由と実例を検証

ストレスチェックを受けることで、職場のストレスや悩みが解消したりメンタルヘルス不調者が減ったりといった効果を感じられない、だからストレスチェックは意味がないという人がいます。ストレスチェックは意味がないと言われている理由と、本当に意味がないのかを検証します。

ストレスチェックは意味ないと言われる理由

従業員50人以上の事業場で働く人であれば、すでに何回かストレスチェックの受検経験はお持ちだと思います。
しかし、「ストレスチェックは意味がない」「ストレスチェックを実施してもストレスが解消したという声は聞かない」「「職場全体でメンタルヘルス不調者が減った実感はない」という声も聞かれます。

(1)受検した労働者の割合が低い

「ストレスチェックは意味がない」という声が聞かれるのは、受検した労働者の割合が8割程度にとどまっていることも原因のひとつと考えられます。

厚生労働省が発表した調査結果によれば、平成29年6月末時点で約8割にとどまっています。

事業規模50~99人100~299人300~999人1,000人以上
受検した労働者の割合77.0%78.3%79.1%77.1%

▶ 厚生労働省「ストレスチェック制度の実施状況」

一般定期健康診断については、労働者は受診することが義務とされていますが、ストレスチェック制度については労働者に義務づけられていません。すでにうつ病等のメンタルヘルス疾患で治療を受けている人は不要とされますし、労働者に強制して受検させることはできません。そのためか、ストレスチェックを受検した労働者の割合は事業場の規模にかかわらず、8割前後しかいないのが実情です。

しかしストレスチェック制度の目的は、労働者にストレスへの気づきを促し、職場の改善につなげ働きやすい職場づくりを推進し、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することです。
したがってストレスチェックを受検しないことを選択できることは伝えるべきですが、職場の実情を正確に把握するためにも、できるだけ受検をするよう勧めることが大切です。

(2)医師による面接指導を受けた労働者の割合が低い

ストレスチェックの結果、高ストレス者と選定された労働者がいた場合、事業者はその労働者から申し出があった場合に医師による面接指導を実施しなければなりません。そして面接指導実施後には医師から意見聴取を行い、必要に応じて就業上の措置を講じなければなりません。

しかし、この面接指導を受けた労働者の割合も約3割にとどまっています。

事業規模50~99人100~299人300~999人1,000人以上
受検した労働者の割合22.6%36.9%61.0%85.0%

▶ 厚生労働省「ストレスチェック制度の実施状況」

面接指導の申し出を行わない理由は労働者によってさまざまですが、メンタルヘルスについて正しい理解をしていない、自身のストレスを軽視している、面接指導を受けることに抵抗を感じているなどが考えられます。

事業場としては、高ストレス者と選定された労働者が面接指導を受けることの重要性を正しく理解するように説明し、面接指導を受けたことで不利益取り扱いがされないことなどを周知し、面接指導の実施が進むよう措置を講じることが必要です。
つまり事業主は、本人が自主的に面接指導の申し出ができる(=会社を信用している)体制の整備が大切であることを認識することが大切です。

(3)集団分析を職場環境改善に活用できていない

ストレスチェックは実施して終わりではなく、その結果を集団分析して職場における課題を見つけ、職場環境の改善に活用することができます。
しかし、ストレスチェックを実施しただけ、集団分析しただけという事業場は少なくありません。

「ストレスチェックや集団分析を実施するだけでは、従業員のストレスの改善や職場の生産性向上は得られない。集団分析結果に基づく職場環境改善が必須である」という研究結果もあります。つまり、ストレスチェックは実施するだけ、集団分析するだけでは、お金の無駄遣いになりかねないということになります。

▶ 平成27年度労働安全衛生総合研究事業・「ストレスチェック制度による労働者のメンタルヘルス不調の予防と職場環境の改善効果に関する研究」

集団分析結果をさらに分析して課題を見つけ、各事業場や従業員の傾向に合った対策を実施することは、職場環境を改善するだけでなく、会社が本気で「従業員の心の健康を考えている」というメッセージを示すことにもなります。

したがってストレスチェックを意味ないと考える人は、集団分析結果を活用し働きやすい職場環境や従業員のワークエンゲイジメントを向上させるための施策の実施こそが、ストレスチェックの集団分析に基づく職場環境活動の最終目標だということを改めて認識することが大切です。

ストレスチェックは本当に意味ないか?

これまでご紹介したように、ストレスチェックについて意味がないと考える人がいるのは、労働者の受検率が低い、面接指導の実施率が低い、集団分析が十分活用できていないなどの理由が考えられます。
しかし、ストレスチェックを適切に実施しメンタルヘルス不調の未然防止、職場環境の改善、生産性の向上につなげているケースは多々あります。

(1)集団分析を活用してセルフケアの情報を提供

ストレスチェックでは、ストレスによって起こる心身の反応についても確認することができます。不眠や頭痛、腹痛などの身体愁訴はメンタルヘルス不調によってもあらわれますが、これらの身体愁訴がストレスによるものだと気づくのが遅れがちなケースがあります。

したがって、ある部署だけ身体愁訴の得点が高いというような傾向があれば、長時間労働やノルマのプレッシャーの有無について確認するとともに、セルフケアに関する情報を提供することを検討します。
セルフケアとは、労働者がストレスに気づくためにストレス要因に対するストレス反応や心の健康について理解し、自らの心の健康状態について正しく認識してもらうための教育研修・情報提供を行うことです。この時にはあわせて、労働者自身や自発的に相談しやすい環境の整備も必要です。

自らのストレスに気づくこと、自らのストレスを予防、軽減する方法を知り、さらに相談することへの抵抗感がなくなれば、メンタルヘルス不調を未然に防止するための適切な措置を早めに講じることが期待できます。

(2)ストレスチェックで従業員の意識を改革

ストレスチェックの結果を集団分析して、職場環境改善の活動を実施する際には、管理監督者だけでなく部下にも活動への参加を促すことが大切です。
なぜなら、ストレスチェックの結果が個人へ通知されるだけで職場では何も活用されないのであれば、労働者は「ストレスチェックを受けても意味がない」と感じてしまうからです。
ストレスチェックの担当者だけでなく経営幹部や管理監督者が、職場のストレスの存在を軽視せずその改善に取り組もうという姿勢を示すだけでも、部下にとっては、会社や上司への信頼感につながります。

具体的には、まず衛生委員会で調査審議した結果を参考にしながら集団分析の結果を検証し、他の職場や他社の取り組み事例を学びます。なお、従業員が参加するワークショップなどを実施する際には、ストレスチェックの集団分析をよく知らない従業員も多く参加することが予想されます。したがって、最初のうちは実施事務従事者や産業衛生スタッフなファシリテーターとして同席し、正しい理解と適切な議論を促すとよいでしょう。

次に個々人で職場の課題や良い点を洗い出し、改善に向けたアクションについて考え改善計画を策定します。
この時改善計画計画は、職場全体に周知します。そして、計画を実施した後はその成果やさらに改善すべき点を話し合い、PDCAサイクルを回していきます。

(3)メンタルヘルス対策を経営課題と捉える

職場の生産性は、多くの経営幹部や管理者が抱えている問題です。
ストレスチェックの結果、「生産性の低下の原因が職場のストレスによるものかもしれない」という仮説が立つのならば、メンタルヘルス対策は経営課題と捉えるべきです。

実際に、職場環境の改善活動は、仕事のストレス要因や健康状態が改善するだけでなく生産性が向上することが多くの研究で報告されています。

▶ 厚生労働省「これからはじめる職場環境改善」

従業員の健康維持増進の重要性や生産性向上に与える影響を理解することは、より積極的に経営資源が投入されるきっかけにもなります。

たとえばある企業では、ストレスチェックの結果をもとに「チャージ休暇」という制度を導入しました。これは、「エネルギーをチャージして生産性を向上してほしい」という目的から導入されたもので、要件次第で交通費を補助するなどして、休暇の取得を促しています。

このように、休暇の目的を明確にすることで、事業成長やミッション実現のために企業がメンタルヘルス対策に真剣に取り組んでいるのだという意図が伝わります。

職場のストレスが個人や職場にどれだけ影響を与えるのか理解し、それを解消するための施策を実施するのは、経営課題であり経営者の指名ともいうことがいえるのです。

ただし、経営者のトップダウンだけで施策を進めると、それはそれで従業員が「自分たちが考える必要はない」と受け身になってしまうかもしれません。したがって、職場改善の取り組みは従業員にオープンにして従業員の前向きな参加を促すことが大切です。

まとめ

厚生労働省は、「ストレスチェック結果を集団分析し、その結果を活用した事業場の割合を60%以上とする」という数値目標を掲げています(第13次労働災害防止計画)。
なぜなら効果的なストレス対策を行うためには、労働者個人のストレス対策だけでなく、職場環境の改善などの組織的なストレス対策も組み合わせて行うことが重要だということが分かっているからです。

ただしストレスチェックを意味のないものに終わらせないための施策は、どんなに有能な経営者でも管理者でも、一足飛びに行うことができるわけではありません。

大切なのは、はじめの1歩を踏み出し継続することです。適切にストレスチェックを実施し、その結果を集団分析して改善活動を継続すれば、職場環境の改善、生産性の向上を実現することができるはずです。売上や利益に即効性を感じられなくても、人材への投資になることは間違いありません。

ストレスチェッカーは、ストレスチェックの実施から集団分析、職場環境の改善までサポートを行い、適切な職場運営を後押しさせていただきます。

法人向けストレスチェッカーへのお問合せ

法人向けストレスチェッカーは、官公庁、テレビ局、大学等に導入いただいている日本最大級のストレスチェックツールです。

社内の実施事務従事者にストレスチェックのシステムをご利用いただく『無料プラン』もございます。お気軽にお問い合わせください。

    あわせて読みたい

    ▶ 大坂なおみ選手の事例から考えるメンタルヘルス対策

    ▶ ストレスチェックの目的&集団分析の目的

    ▶ ストレスチェック 規程|注意すべきポイントと解説

    ▶ セルフケア|はじめの一歩は「ストレスへの気づき」

    ▶ 職場復帰支援5つのステップと5つのポイント