カテゴリー: 労働環境・安全衛生

受動喫煙対策を進めるための6つのステップ

受動喫煙対策については、健康増進法でも対策が盛り込まれていますし、労働安全衛生法においても労働者の受動喫煙防止のために適切な措置を講ずるよう求められています。 また、喫煙がうつ病や不安障害などにもたらす影響について、ワシ…
Read more

大人の発達障害の特徴&対応方法

大人の発達障害について認識が広まったこともあり、「発達障害の傾向がある部下に対して、どのように対応するべきか」「どのように配慮するべきか」といった悩みを持つ管理監督者が増えてきました。 ただ、一口に「大人の発達障害」とい…
Read more

2022年から中小企業も義務化|パワハラの法律改正

2019年の通常国会において「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」(以下、労総法)が改正されまし…
Read more

メンタルヘルスマネジメント|8つのポイント

心の病を発症すると、作業効率が低下したり長期休業が必要になったりすることがあります。 平成29年(2017年)の「労働安全衛生調査(実態調査)」によれば、メンタルヘルス不調により連続1か月以上休業又は退職した労働者の割合…
Read more

パワハラの裁判例|パワハラ認定された例&されなかった例

いわゆるパワハラやセクハラは、職場におけるもっとも強いストレスのひとつであり、男女雇用機会均等法や労働施策総合推進法(パワハラ防止法)に基づき、職場で対策を行うことが強く求められています。 この記事では、過去のパワハラ裁…
Read more

【2023年】衛生委員会のテーマ|年間スケジュール

会社は、働く従業員の安全や健康の維持に努めなければなりません。 そこで労働安全衛生法では、常時50人以上の労働者を雇用する事業場では衛生委員会を設置する義務があると定めています。そして、衛生委員会は毎月1回以上開催し、労…
Read more

ラインケアの基本|(見る・聴く・対処)の7つのポイント

職場のメンタルヘルス対策を効果的に進めるためには、①セルフケア、②ラインケア、③事業場内産業保健スタッフによるケア、④事業場外資源によるケアの4つのケアが必要です。 このうちラインケア(管理者によるケア)とは、「労働者と…
Read more

衛生委員会|目的・テーマ・運営・活用方法

常時使用する労働者数が50人以上の事業者は、衛生委員会の設置が義務づけられています。衛生委員会は、事業の種類(業種)に関わらず必ず設置して毎月開催しなければなりません(労働安全衛生法18条)。また、製造業など一定の業種に…
Read more

安全配慮義務違反|損害賠償額の算定

安全配慮義務とは、職場環境が原因で労働者の生命や健康を害することがないように、会社が配慮しなければならない義務のことです。 労働者にケガや病気などの損害が生じて、会社の安全配慮義務違反が認定された場合には、会社は債務不履…
Read more

職場環境を改善する7つのポイント

職場環境の改善とは、ストレスチェック等を活用して職場のストレス要因を把握・改善し、従業員の健康と生産性向上のために講ずる対策です。 この記事では、厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を参考に職場環境改善…
Read more