【新機能】仕事のストレス判定図(2017/1/16)

2017年1月16日に、新機能『仕事のストレス判定図』をリリースしました。

機能の概要

  • 既存の『実施状況/結果集計』画面に新設された「仕事のストレス判定図」のリンクからご利用いただけます。
  • 各集計集団(全体、男女、年齢、組織など)の健康リスク値の一覧表と、判定図(グラフ)を1つの画面で見ることができます。
  • 判定図上に、すべての集計集団から最大10件まで同時にプロットすることができます。
  • 印刷時は、見やすいレイアウトに調整されます。
  • 既存の結果集計画面の集計一覧にも、判定図で使用する「健康リスク」値が表示されるようになりました。
『仕事のストレス判定図』は、厚生労働省が制度マニュアルで集団分析に使用することを推奨しており、非常に多くの実装要望をいただいていた機能でしたが、この度待望のリリースとなります。

既にストレスチェッカーをご利用いただいて、実施が終了しているお客様も、判定図で改めて結果を振り返ることで、より詳しく組織のストレス傾向を把握し、問題の洗い出し・対策・改善につなげることができますので、ぜひご利用ください。

まだご利用されていない方も、是非、ストレスチェッカーのデモ画面 でお試しください。
■ HOME(ストレスチェック実施一覧) → 実施状況 / 結果集計 → 仕事のストレス判定図

今後とも、法人向け無料ストレスチェック ストレスチェッカーをよろしくお願いいたします。

「仕事のストレス判定図」について

「仕事のストレス判定図」は、平成7~11年度労働省「作業関連疾患の予防に関する研究」によって開発され、ストレスチェックの結果から仕事上のストレス要因を評価し、従業員のストレス反応や健康リスクにどの程度影響を与えているかを判定するための方法です。

厚生労働省「ストレスチェック制度実施マニュアル」では、ストレスチェック後に集団分析を行い、職場環境の改善につなげるためのツールとして、この判定図の使用を推奨しています。
【参考】 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル(PDF) 84ページ

「仕事のストレス判定図」について詳しくは、下記の研究・開発元の情報をご参照ください。
「仕事のストレス判定図」マニュアル – 東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野
職業性ストレス簡易調査票を用いたストレスの現状把握のためのマニュアル – 東京医科大学 公衆衛生学分野

スクリーンショット

※画像をクリックすると拡大表示します。