ストレスチェッカー新バージョンのご案内(2016/2/21)

2月21日に、機能を強化した ストレスチェッカーの新バージョンをリリースしました。
新バージョンリリース後、旧バージョンの提供は終了いたします。
旧バージョンで実施中のお客様は、引き続き旧バージョンをご利用いただけます。

新バージョンの主な変更点

新バージョン 旧バージョン
受検者の個人特定 個人特定する。
メールアドレスをキーとする受検対象者リストを登録し、全員に個別のURLを発行。URLはメールにより各人に通知される。受検時のURLから受検者を特定し、結果に紐付けられる。
※全対象者のメールアドレスが必要
個人特定しない。
対象者は全員同一のURLから受検。
URLは、お客様側でメールやイントラなどを使って周知。
組織図の自動生成 対象者リストに各人の所属の情報を含めることで、自動的に組織図が生成され、組織別の結果集計に反映。 管理者が組織図を設定。受検者が設問回答時に自分の所属を選択する。
個人結果の保存 受検者は各自のURLから結果に再アクセスできる。再アクセス時はパスワード保護される。 受検者が結果を保存したい場合、結果画面が表示されているうちにプリントアウトする。
高ストレス者への面接指導 受診結果から実施者が面接の必要性を判断し面接の案内を送信可能。
管理画面では面接希望者の一覧を表示、面接状況のフォロー等の管理ができ、労働基準監督署に提出する面接実施点検票として利用可能。
なし。
結果閲覧専用の管理者アカウント 経営者・管理職・産業医など向けに、実施結果の閲覧のみが可能なアカウントを作成でき、役割に応じたアクセス範囲の設定が可能。 なし。

個人特定機能について

新バージョンでは回答した個人を特定します。
対象者全員のメールアドレスを登録し、全員に個別のURLが割り当てられ、メールで通知されます。
この変更により、実施の際には対象者全員のメールアドレスが必須となります

実施管理画面では、対象者全員の受検状況、高ストレス、面接希望の有無、個人結果が閲覧できます。

厚生労働省「こころの耳」改正労働安全衛生法のポイント Q6-4
『省令に規定されているとおり、人事権を有する者については、その人事権に係る労働者に対するストレスチェックの実施者にはなれません。』

厚生労働省の定めるストレスチェック制度の規定により、管理画面にアクセスできるのは、個人結果へのアクセスが許可されている「実施者」または「実施事務従事者」となります。人事権を持ち、その影響が及ぶ労働者の個人結果を見る可能性がある立場の方は、管理画面へのアクセスはできません。
「事業者」や「制度担当者」にあたる、個人が特定できない結果の閲覧のみ許可されている立場の方向けに、集計結果へのアクセスのみが可能な権限を付与することができます

「実施者」(医師、保健師、精神保健福祉士等の有資格者)のご紹介も承っております(有料)。
詳しくはお問い合わせください。

対象者リスト登録について

高ストレス者への面接指導機能について

今後とも、法人向け無料ストレスチェック ストレスチェッカーをよろしくお願いいたします。