不正侵入検知(IDS/ADS)

IDS / ADS(Intrusion Detection System / Active Defense System)は、不正侵入検知と防御の双方を自動的に行うシステムです。
IDS(不正侵入検知システム)がファイアウォールを通過する前のパケットに対して不正アクセスを検知し、ADS(自動防御システム)が IDS で検知した不正アクセス・攻撃をファイアウォールと連動することで自動的に遮断します。

不正侵入の検出(IDS)

2,000 種類のシグネチャを搭載し、多種多様なハッキングパターンを検知可能です。
不正侵入は 3 段階の危険度で分類され、ADS と連動することで不正侵入を防御します。
シグネチャは最新の状態に自動アップデートされます。

不正侵入からのディフェンス(ADS)

IDS が攻撃を検知した場合、攻撃元からのすべてのパケットを破棄するルールをファイアウォールに自動的に挿入し、リアルタイムで攻撃を阻止します。

IDSADS