メンタルヘルス不調者を見つけるため? ~ ストレスチェック制度の目的 ~

労働安全衛生法改正に伴うストレスチェックの目的は、メンタルヘルス不調者を見つけるためのものではありません。労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないよう対処するセルフケアの一環であり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置をしてもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。
ストレスチェック制度を実施する際、この目的が明確になっていないと、労働者は「情報が漏れるのではないか」「結果が悪かったときはひどい処遇を受けるのではないか」と不安になり、ストレスチェックを実施しない労働者が出てしまうという結果になります。
実施前には、まず、会社として「メンタルヘルス不調の未然防止(一次予防)のためにストレスチェック制度を実施する」という方針を明確に示しておきましょう。また、各事業所の衛生委員会などの場で、ストレスチェックを誰に対して実施するのか、実施後どんな方法でストレスの高い人を選ぶのか、ストレスチェックの結果をどのように保存しておくのかなど、実施方法やデータの活用方法などを話し合っておくことが重要です。

精神保健福祉士北川佳寿美