5/22 無料セミナー「マインドフルネスの仏教を組織づくりやストレス対策に活かす」

【※このセミナーは、終了しました】
マインドフルネスは、Googleが取り組んでいる施策として世界的に注目されている瞑想法です。
近年は、ハーバード大学やコロンビア大学などのビジネススクールのカリキュラムとしても、採用されています。

マインドフルネスを実践すると、ストレスを感じる状況に直面してもきちんと対応ができるなど脳の領域が活発化し、職場の組織づくりやストレス対策に活かすことができます。
当セミナーでは、マインドフルネスのもととなった仏教の精神を組織のマネージメントやストレス対策に活かすためのポイントと、ストレスチェックの集団分析をもとにした組織改善の方法について解説いたします。

無料セミナー「マインドフルネスのもととなった仏教の精神を組織づくりやストレス対策に活かす」2017/05/22

株式会社HRデータラボは、2017年5月22日(月)に無料セミナー「マインドフルネスの仏教を組織づくりやストレス対策に活かす」を開催しました。

マインドフルネスは、Googleが取り組んでいる施策として世界的に注目されている瞑想法です。
マインドフルネスの効果については、科学的な研究によって以下のような効果が実証されてきています。

◆不安や不眠、摂食障害などの精神的な困難な状況が改善する。
◆ぜんそくや糖尿病などの身体的な病状が改善する。
◆学習や記憶に関する脳の領域が活性化する。

そこで当セミナーでは、このマインドフルネスを組織づくりやストレス対策に生かす施策について解説しました。。
【※このセミナーは、終了しました】

概要

日時2017年5月22日(月)15:30 ~ 17:30  (15:15 受付開始)
場所東京都港区白金台2-10-2 白金台ビル4F 株式会社人材研究所 セミナールーム
※都営浅草線 高輪台駅 徒歩3分
参加費無料
定員30名 (1社2名まで)
主催株式会社HRデータラボ

講師プロフィール

青江覚峰 (株式会社なか道 代表取締役)
東京都台東区出身。
カリフォルニア州立大学フレズノ校にてMBA取得。
浄土真宗東本願寺派 湯島山緑泉寺住職。
ブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表であり、超宗派の僧侶によるウェブサイト「彼岸寺」創設メンバーでもある。

三宅朝広 (株式会社HRデータラボ 代表取締役)
大阪大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材サービス事業での企画・開発等を担当。
ピースマインド・イープ株式会社にてEAPコンサルティング担当取締役に就任。
年間数十社へEAPを導入する一方、自らもEAPコンサルタントとして大手通信会社等を担当。

マインドフルネスとは

マインドフルネスは、仏教の瞑想をもとにした心のトレーニング方法です。科学的な研究の結果、このマインドフルネスが精神療法的な側面があることが明らかとなり、医療分野に広がり、職場の組織づくりやストレス対策にも活用されるようになりました。

組織づくりやストレス対策への活かし方
マインドフルネスの研究が進むにつれ、マインドフルネスや心身の病気を改善する効果があるだけなく、能力開発やメンタルヘルス対策にも効果があることが分かってきました。
そして、経営学、リーダーシップ、人材開発などの分野にマインドフルネスが活用されるようになったのです。

ストレスチェックのご案内

ストレスチェックとは、急増するメンタル関連の労災を受けて制度化されたもので、50人以上の事業場に義務づけられています。
ストレスチェッカーは、このストレスチェックを無料でご利用いただけるサービスです。
(1)ストレスチェッカーは無料でご利用可能
ストレスチェッカーは、日本最大級のご利用実績をもつストレスチェックサービスです。1000人未満の企業さまには無料でご利用いただけます(1000人以上の会社は1人¥120)。現在官公庁、航空会社、病院、大学など2000社以上の企業さまに導入いただいております。

(2)ストレスチェッカーのオプション
ストレスチェッカーをご利用いただくお客さまには、さまざまなオプションをご用意しております。
医師面接指導やカウンセリングのほか、ストレスチェックデータに加え、業績評価や残業時間等のHRデータをクロス解析して職場環境改善の指針となるデータをご提供することも可能です。