従業員本人によるパスワード設定が必須となります (2017/6/20)

2017年6月20日のシステムアップデートで、個人情報保護強化のため、従業員本人によるパスワード設定が必須となります。

これまでは、メールアドレスを介して、従業員本人にのみ個別のURLとパスワードを通知する受検方法のみを提供していましたが、同日の『共通受検URL』機能のリリースに伴い、共通URLから社員番号による結果へのアクセスが可能となります。
これまでは推測不可能な個別URLとパスワードで不正アクセスからの安全を担保していましたが、今後は継続的に利用可能な固定URLから従業員がログインしてストレスチェック結果等の情報にアクセスが可能となりますので、より強固に情報を保護するため、従業員本人のみが知るパスワードを設定していただく形に変更となりました。

URLから直接受検できていた従来の方法と比較すると、受検までのステップが増えますが、個人情報保護の観点から、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

変更点

  • 2017/6/20以降、従業員が受検や結果閲覧のためにアクセスした際、パスワードが未登録の場合はパスワード登録画面が表示され、登録するまで先に進めません。
  • パスワード設定後、メールアドレスが未登録の従業員には、メールアドレスの登録が促されます。(メールアドレスを所有していない場合もあるので、登録は必須ではありません)
  • パスワード登録以降、従業員が過去の結果に再アクセスする際には登録したパスワードの入力を求められます。
  • 登録したパスワードを忘れた場合、メールアドレスが登録されてる場合は、従業員本人で再設定ができます。
    メールアドレスが登録されていない場合は、従業員から管理者に紛失の旨を申し出ていただき、管理者により再設定の手続きを行っていただく必要があります。
  • 管理画面の「従業員一覧」画面に、パスワードの登録状況が表示されるようになりました。
    ※パスワード設定済みかどうかがわかるだけで、パスワードはわかりません。
    ※再設定の手続きもこの画面から行うことができます。

ご注意

  • 共通受検URL機能を利用する、しないに関わらず、2017/6/20以降、従業員本人によるパスワード登録は必須となります。
  • パスワードはシステム内にハッシュ化(元に戻せない暗号化)されて保存されており、弊社で元のパスワードを知ることはできません。
  • メールで受検者に通知される個別の受検URLと結果閲覧パスワードは従来通りご利用いただけますが、結果閲覧パスワードでは、対応するURLの結果のみ閲覧できます。
    個人パスワードを入力すると、過去の履歴をすべて閲覧できます。

まだご利用されていない方も、是非、ストレスチェッカーのデモ画面 でお試しください。
今後とも、法人向け無料ストレスチェック ストレスチェッカーをよろしくお願いいたします。