個人結果画面の調整(グラフのレーダーチャート化、印刷時レイアウト) (2017/1/27)

2017年1月27日に、個人結果のグラフ表示を、棒グラフからレーダーチャートに変更しました。
また、印刷時のレイアウトを調整し、横1枚にきれいに印刷されるようになりました。

変更点

変更前は、個人結果のグラフを棒グラフで表示していましたが、厚生労働省提供のツールやマニュアルに掲載の「ストレスプロフィール」の仕様に合わせ、レーダーチャートによる表示に変更いたしました。
※項目や点数など、表示内容に変更はありません。

また、これまでは個人結果画面の印刷の際、画面上の表示がそのまま印刷され、ご利用の環境によってはきれいに印刷できない場合がございましたが、今回、印刷時のレイアウトを調整し、横向き1枚に収まるようになりました。
紙で受検した方に個人結果を印刷して返したい場合に、外部データインポート機能を使用して結果を取り込み、管理側で結果を表示して印刷する、などご活用いただけます。

ご注意

  • この変更は自動的に適用されます。お客様側で設定変更等の必要はありません
  • 変更が適用された 2017/1/27 14:55 をまたいで実施中のお客様は、適用前後で受検者の見る結果画面の体裁が変わりますのでご注意ください。
  • 過去の実施分も含め、個人結果画面はレーダーチャート表示となります。旧仕様の棒グラフ表示に戻すことはできません。

まだご利用登録されていない方も、是非、デモ画面でお試しください。
個人結果 デモ画面
※パスワード入力画面が表示された場合は『90507』を入力

今後とも、法人向け無料ストレスチェック ストレスチェッカーをよろしくお願いいたします。

スクリーンショット

※画像をクリックすると拡大表示します。