メール一斉送信時の送信者アドレスの仕様変更について(2016/12/7)

2016年12月7日に、メール一斉送信時の送信者アドレスの仕様変更を行いました。

変更点

これまでは、メール一斉送信時の送信者アドレスはお客様で自由に指定可能でしたが、弊社サーバーから弊社管理外のアドレスのメールを送信することになり、受信側の環境によってはこれがなりすましとみなされ、迷惑メール判定される可能性があるため、送信者アドレスは下記に固定となりました。

no-reply@stresschecker.jp (弊社送信専用アドレス)

このため、今後メール一斉送信の際、受信側のメールサーバーの設定や、携帯キャリアのドメイン指定受信などが心配される場合は、「stresschecker.jp」からのメールが受信できることをご確認ください。

また、従来の「送信者アドレス」の項目は、「返信先アドレス(エラーメール送付先)」として残っており、下記のように動作します。

・配信エラー時の返信先 (Return-Pathヘッダー)
・受信者が返信した際の宛先 (Reply-Toヘッダー)
・メールの末尾に、このアドレスに返信する旨の文章が自動的に挿入されます

メール一斉送信の設定画面でも詳しく説明していますので、ご利用中のお客様はそちらでもご確認ください。また、テストメールによるメール内容の確認を必ず行うようお願いいたします。

今後とも、法人向け無料ストレスチェック ストレスチェッカーをよろしくお願いいたします。