「厚生労働省版ストレスチェック」の動作環境について

2015年11月24日に「厚生労働省版ストレスチェック」がリリースされました。
http://stresscheck.mhlw.go.jp/

「厚生労働省版ストレスチェック」は厚生労働省が出してるので安心!ではありません。
断然「ストレスチェッカー」の方が安心して御利用いただけます。

何回かに分けて「厚生労働省版ストレスチェック」の危ない点と「ストレスチェッカー」の安心できる点について解説していきます。

第1回目の今回は動作環境についてです。

「厚生労働省版ストレスチェック」の動作推奨環境は「受験者回答用アプリ」および「実施者用管理ツール」で共通して下記のとおりです。

Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8

ちなみにMicrosoftの各OSのサポート期間は下記のとおりです。

Windows XP サポート期間終了
Windows Vista 2017年4月11日
Windows 7 2020年1月14日
Windows 8 2023年1月10日

ストレスチェックの結果は会社に5年間の保存義務があります。既にサポート切れの「Windows XP」の利用は論外ですし、5年以内にサポート切れになる「Windows Vista」と「Windows 7」は避けるべきでしょう。

では「Windows 8」なら大丈夫でしょうか?

Microsoftは2月2日に配布した「Windows 7」および「Windows 8.1」の「Windows Update」で、これまで「オプションの更新プログラム」としていたWindows 10へのアップグレードをサポートする関連更新プログラムを「推奨される更新プログラム」に昇格させました。つまりWindows Updateを自動アップデートにしていると自動的にWindows 10へアップグレードされてしまいます。そうなると厚生労働省版ストレスチェックの動作サポート環境外となってしまいます。
つまりどのOSを使ったとしてもMicrosoftの自動アップデートで「厚生労働省版ストレスチェック」動作サポート環境ではなくなります。

一方「ストレスチェッカー」は動作環境を気にせずにWindowsでもMacでもスマートフォンからでもタブレットからでもストレスチェックの診断が可能ですし、当然実施データはしっかりとしたセキュリティで5年間保護されます。

動作環境の点からも「厚生労働省版ストレスチェック」より「ストレスチェッカー」がお勧めなのがお判りいただけたかと思います。