ストレスチェック運用開始4年目の組織分析の生かし方と、ホワイト企業に求められる労務の実際

※このセミナーは、終了しました
最新のセミナー情報はこちら

ストレスチェック制度が50人以上の事業場に義務づけられて4年。
ストレスチェックの結果がどのように組織分析の生かされているのか、今ホワイト企業に求められている労務は何なのかについて、セミナーを開催しました。

ストレスチェック運用開始4年目の組織分析の生かし方と、ホワイト企業に求められる労務の実際

会社は、ストレスチェックの検査結果を部署、課、グループなどの一定規模の集団ごとに実施者に集計させて、結果について分析し職場環境の改善に取り組むことが大切です。
そこで、ストレスチェック制度の運用が開始してから4年、組織分析がどのように生かされているのか、そしてホワイト企業に求められる施策は何なのかについてセミナーを開催しました。

セミナーの概要

会期2019年1月24日(木)14時30分~17時00分 (受付14時15分~)
会場ワーカーズ俱楽部 神田本館Bルーム
東京都千代田区内神田1-8-9 福田ビル2F
定員20名(申込先着順)
主催SHEM 非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構
株式会社HRデータラボ
協力株式会社JBMコンサルタント

(1)「既に6,000社が導入し、応募者5倍となる国が認定する”ホワイト企業認定“とは」

Session1 14:30~15:30〈60分〉
テーマ:「既に6,000社が導入し、応募者5倍となる国が認定する”ホワイト企業認定“とは」

スピーカー:非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構 理事長 木村 誠

サマリー:
ホワイトマーク取得で応募者5倍の企業も!
求職者のホワイト企業志向が高まる中、「ホワイト企業マーク」も学生を中心に認知度が高まっています。
まずは自社の状態を把握して、「何を、どのように準備すればいいか」を明確にし、安全で健康な職場の証を手に入れませんか?
働き方改革で何を取り組めばいいか分からない企業様、取組例とメリットをご紹介いたします。

アジェンダ:
はじめに
Ⅰ. ホワイト企業マークのポジショニングマップについて
Ⅱ. ホワイトマーク(「安全衛生優良企業公表制度」)の取得について
Ⅲ. 認定取得後のメリット
Ⅳ. 事例紹介と活用方法
Ⅴ.まとめ
Ⅵ.質疑応答

(2)「ホワイト企業に求められる労務の実際。『SHEM認定ホワイト労務診断』とは」

Session2 15:40~16:10〈30分〉
テーマ:「ホワイト企業に求められる労務の実際。『SHEM認定ホワイト労務診断』とは」

スピーカー:非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構 米持 愛美

サマリー:
「ホワイト企業マーク認定に至らずとも、せめてブラック企業と呼ばれたくない」「ホワイト企業マーク認定の試金石として、まずは労務コンプライアンスを徹底的にチェックしたい」―昨年5月、厚生労働省がいわゆるブラック企業リストを公表してからこのようなニーズが多くなり、「SHEM認定ホワイト労務診断」を開発しました。
ポイントとしては、①働き方改革時代の採用力アップに寄与する。②臨検対策になる。③ブラック企業リスト対策になる。
今回は、正式リリース前に特別モニタープラン(無料)をご用意いたしますのでホワイト企業になるための勘所を体験ください。

アジェンダ:
1.「SHEM認定ホワイト労務診断」とは(就活生に広く公表されます)
2.ホワイト労務診断―簡易版―5問出題
3.ホワイト労務診断―簡易版―5問解説
4.ホワイト労務診断―正規版―モニター(無料)のご案内

(3)「ストレスチェック実施後の有効なデータ活用方法とは」

◆Session3 16:15~16:55〈40分〉
テーマ:「ストレスチェック実施後の有効なデータ活用方法とは」

スピーカー:株式会社HRデータラボ 代表取締役 三宅 朝広

三宅 朝広
サマリー:ストレスチェックの集団分析を活用し、組織におけるストレス原因を分析し改善するためのポイントについて解説いたします。

(4)個別相談 16:55~

セミナー終了後は、個別相談のお時間がございます。
ご不明点等ございましたら、お気軽にお声掛けください。

最新のセミナーに関するお問合せ

法人向けストレスチェッカーは、官公庁、テレビ局、大学等に導入いただいている日本最大級のストレスチェックツールです。

最新のセミナーに関するお問合せは、下記お問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。