無料セミナー「やるべきことが見えるストレスチェックの運用」7/27(水)

【※このセミナーは、終了しました】
2016年7月27日、無料セミナー「やるべきことが見えるストレスチェックの運用」を開催しました。ストレスチェッカーの代表取締役である三宅朝広が、ストレスチェック制度の概要や実施の手順について、解説しました。

平成27年(2015年)12月1日から厚生労働省がスタートさせるストレスチェック制度。これは、改正労働安全衛生法が施行されるのに伴い、施行された新制度です。
しかし「制度の意図はわかるが具体的にどうすればいいのだろうか」「費用や人手などにいくらかかるのか」など、困惑している担当者も多いことだろうと思います。

ストレスチェック制度に不明点や疑問点が多いのは当然で、実は世界でもストレスチェック制度に似た制度はなく、先進国のなかでは日本が初めて取り組むメンタルヘルスケアの公的制度なのです。
そこで、そのようなご担当者様に向けた、ストレスチェック制度解説の無料セミナーを開催しました。

概要

・日時 2016年7月27日(水)16:00 ~ 17:30  (15:45 ~ 受付開始 / 17:30 ~ 質疑応答・個別相談)
・場所 東京都港区白金台2-10-2 株式会社人材研究所 セミナールーム
・参加費 無料
・定員 25名 (1社2名まで)
・主催 株式会社GarageVenture ストレスチェッカー事業部

内容

・実施フローに従ってストレスチェックの作業内容を解説。誰が何をすべきかを整理する。
・本来の目的である職場環境改善につなげるための運用について理解する。
・無料ストレスチェックツールのご紹介。

講師

三宅朝広 (ストレスチェッカー 代表取締役)
大阪大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材サービス事業での企画・開発等を担当。
株式会社ピースマインド(現ピースマインド・イープ株式会社)にてEAPコンサルティング担当取締役に就任。年間数十社へEAPを導入する一方、自らも大手通信会社等をEAPコンサルタントとして担当。
2003年株式会社GarageVenture創業後、ストレスチェッカー等の人材系サービスを提供しています。

ストレスチェッカーのご案内

ストレスチェックは、労働者のストレスの程度を把握して労働者自身のストレスへの気づきを促すための制度です。
厚生労働省では、ストレスチェックを50人以上の事業場に義務づけることとし、ストレスチェックの結果をもとに職場改善につなげることを目的としています。

無料プランについて
ストレスチェッカーは、このストレスチェックを無料でご利用できるサービスです。
現在2000社以上の企業さまに導入いただいている日本最大級のストレスチェックサービスです。