特定グループの閲覧権限を付与することができるようになりました

特定グループの閲覧権限を付与することができるようになりました

受検者グループは、受検対象者の「組織」「独自集計属性」によってグループ分けする機能です。
受検者グループを利用して、

  • 対象者リストを受検者グループで絞り込むことができます。
  • 受検者グループごとの集計結果を見ることができます。
  • 閲覧専用アカウントに、受検者グループでアクセス制限をかけることができます。

受検者グループの活用例

  • 「◯◯部」だけの集計結果を見る
    → 「◯◯部」のみの受検者グループを設定し、集計画面上部の「受検者グループ絞り込み」で選択します。
    ※事前に対象者リストに「組織」が登録されている必要があります。
  • 「勤続年数が5年以内」の受検者に絞り込む
    → 対象者リストで独自集計属性に「勤続年数」を登録し、受検者グループで絞り込みます。
    ※「独自集計属性」はお客様独自の従業員データを登録する機能です。この例の「勤続年数」などの元データはお客様でご用意して頂く必要があります。
  • 「◯◯部」かつ「勤続年数が5年以内」の受検者に絞り込む
    → 上記の例のように組織・独自集計属性を登録し、組織・勤続年数を組み合わせた受検者グループで絞り込みます。
  • 各部門長に、自部署の結果だけが見れる閲覧専用アカウントを発行する
    →「組織」で絞り込んだ受検者グループを作成し、閲覧専用アカウントに受検者グループを設定します。
    ※閲覧専用アカウントの受検者グループの設定は、結果閲覧専用アカウント管理画面 →「登録」または「変更」画面の「受検者グループ絞り込み」の項目で行います。